食育サポーターのおすすめパルレシピ

2019年11月04日
なすとさんまのミルフィーユ
recipe_2019_11_01

材 料(4人分)

  • 『北海道産パクパクさんま』…1袋
  • なす…2本
  • トマトソース(またはピザソース)…300g
  • パン粉…100g
  • 粉チーズ…30g
  • ドライパセリ…大さじ1
  • シュレッドチーズ…30g
  • オリーブオイル…大さじ2
  • 塩…小さじ1
  • 酒…少々
  • こしょう…少々

作 り 方

recipe_2019_11_02
  • 『北海道産パクパクさんま』は、食べやすい大きさに切り、塩、こしょう、酒をふる。
  • なすはヘタを取り縦5mm厚さに切って水にさらす。
  • ビニール袋にパン粉、粉チーズ、ドライパセリを入れて口を閉じて振り混ぜる。
  • フライパンにオリーブオイル大さじ1 を熱し、のなすを焦げ目がつくまで焼いて取り出した後、オリーブオイル大さじ1を足してさんまを焼く。
  • オリーブオイル(分量外)を塗った耐熱容器に、のパン粉1/3量をしき、その上にトマトソース、焼いたなす、さんまを順番に1/2 量ずつ重ねる。この作業をもう一度くりかえし、最後に残ったパン粉をふり、シュレッドチーズをのせて、200℃に予熱したオーブンで15分~20分焼く。
食育サポーターアドバイス

生のさんまが手に入らないときは凍ったまま調理できる『北海道産パクパクさんま』が便利です。さんまのほかにもあじやいわしのフィーレを使ってもおいしく召し上がれます。

2019年09月30日
かぼちゃのピンチョスコロッケ
recipe_2019_10_01

材 料(4人分)

  • かぼちゃ…1/2個
  • うずらの卵…12個
  • パン粉…40g
  • バター…20g
  • すりおろしにんにく…ひとかけ分
  • 塩……小さじ1/4
  • こしょう…適宜
  • ドライパセリ…大さじ1/2
  • 水…50cc

作 り 方

recipe_2019_10_02
  • かぼちゃは種を取り出し、洗って耐熱皿にのせ、中心に水を入れてラップをして電子レンジ(500W)で10分ほど加熱する。熱いうちにボウルに入れてフォークなどでつぶしておく。
  • フライパンにパン粉を入れて乾煎りし、少し色が変わってきたらバターとにんにくを加えて焦げないように弱火で炒め、火が通ったらドライパセリを加えて火を止める。
  • を12等分して、中にうずらの卵を入れて包む。
  • のフライパンの中でを転がして衣をまぶしてできあがり。
食育サポーターアドバイスrecipe_2018_06_03

揚げずに作れる焼きコロッケです。うずらの卵のほかにもチーズやツナマヨなどいろいろな食材を包むとパーティーで盛り上がります♪
(食育サポーター 比留間 ゆきさん)

2019年09月02日
じゃがいもの和風ガレット
recipe_back_2019_09_01

材 料(4人分)

  • じゃがいも…大4個
  • しょうゆ…大さじ1
  • バター…40g
  • 刻みのり…少々

作 り 方

  • じゃがいもは皮をむいて、すりおろし、しょうゆを加えて混ぜる。
  • フライパンを中火で熱してバター10gを入れ、溶けたら1/4 量(1人分)を流し入れ、おたまの底で薄くのばす。
  • きつね色に色づいたら、裏返して2分ほどこんがりと焼く。
食育サポーターアドバイスrecipe_2018_02_03

常備野菜のじゃがいもで簡単に作れます。モチモチの生地でバターやしょうゆとの相性バッチリ!おやつに休日のランチにいかがですか。
(食育サポーター 水谷 さとみさん)

おすすめの一品!recipe_back_2019_09_02

『産直丸大豆天然醸造しょうゆ』

500ml 410円(税込)

1 2 3 4 5 6 11