食育サポーターのおすすめパルレシピ

2016年09月01日
クランキーチキン
recipe_2016_09_01

材 料(4人分)

  • 産直鶏ムネのとりこ…1袋
  • 【衣用】じゃがいも…大1個
  • パン粉…大さじ5
  • 片栗粉…大さじ3
  • 塩こしょう…少々
  • 菜種油…適量

作 り 方

recipe_2016_09_02
  • 『産直鶏ムネのとりこ』を解凍しておく。
  • じゃがいもをできるだけ細かいみじん切りにして水にさらした後、水をきってキッチンペーパー等で水気をとる。
  • のじゃがいもとパン粉、片栗粉をよく混ぜ合わせて、軽く塩こしょうする。
  • 解凍した『産直鶏ムネのとりこ』にの衣を丁寧につけて170度の油でじっくり揚げる。
  • ※鶏ムネ肉を塩麹などで味を付けて使ってもOK。
食育サポーターアドバイスrecipe_2016_09_03

そのまま焼いてもおいしい『産直鶏のムネのとりこ』をアレンジしました。冷めてもかたくならないので行楽のお弁当にもピッタリです。
(食育サポーター 岡崎 真紀子)

おすすめの一品!recipe_2016_09_04

『だしパック』

8g×20 292円(税込)
さば節を中心に、かつお節、昆布、しいたけを粉末にして配合。手軽に本格的なだしがとれます。

2016年04月06日
華やかちらし寿司
recipe_2016_04_01

材 料(4人分)

  • 炊きたてごはん…3合
  • 五目ずしの素…1びん
  • 大隅産うなぎ蒲焼…1尾
  • いくら…40g
  • 菜の花…5~6本
  • 酒…小さじ2
  • 〈錦糸たまご〉
  • 卵…1個
  • 卵黄…1個分
  • 花見糖…小さじ1
  • 塩…少々
  • 水溶き片栗粉…小さじ1/2
  • 菜種油…適量

作 り 方

recipe_2016_04_02
  • 錦糸たまごをつくる。
  • うなぎを蒸す。フライパンの底に薄く水をはった上に40 ㎝にカットしたアルミホイル2枚を交差して敷く。(フライパンからはみ出してよい)アルミホイルに菜種油を薄くひいた上にうなぎを並べ、上から酒小さじ1をふって中弱火で5分蒸す。裏を返して残りの酒をふり5分蒸す。粗熱がとれてから取り出し、適当な大きさに切ってタレをかけておく。
  • 菜の花をさっと塩ゆでにして適当な大きさに切る。
  • ごはんに五目ずしの素を入れて混ぜる。
  • を器に盛り、錦糸卵、うなぎ、いくら、菜の花で飾りつける。
食育サポーターアドバイスrecipe_2016_04_03

入園、入学、就職など、新しいスタートの季節です。うなぎやいくらを使ってちょっと豪華なちらし寿司で鈴木 二三四お祝いするのもいいですね。(食育サポーター 鈴木 二三四)

おすすめの一品!recipe_2016_04_04

産直鶏ガラスープ

130g 399円
産直たまごの親鶏を丸ごと使用したエキスに野菜などの旨味をプラス。

2016年01月04日
かぶら蒸し
recipe_2016_01_01

材 料(4人分)

  • 大きめ天然むきえび…8個
  • しめじ…1/3パック
  • かぶ…4個
  • 長芋…4cm
  • いくら…少々
  • 三つ葉…少々
  • 塩…少々

作 り 方

recipe_2016_01_02
  • かぶは皮をむいてすりおろし、軽く水気をきる。(手に乗せるとポタポタ落ちる程度)
  • 長芋も皮をむいてすりおろし、と塩を加える。
  • 耐熱カップにえび、しめじを入れをふんわり乗せて中火で12分ほど蒸す。
  • あんを作る。鍋にだし汁、みりん、しょうゆ、塩を入れて火にかけ、沸騰したらだし汁で溶いた片栗粉を加え、とろみをつける。
  • お椀にを逆さまにあけ、庵を均等にかけていくらと三つ葉を飾る。
食育サポーターアドバイスrecipe_2016_01_03

寒い季節に温まるやさしい味です。千切りのゆずをあんに加えると香り豊かに。ほたてやしいたけを使ってもおいしくできます。
(食育サポーター 比留間 ゆき)

おすすめの一品!recipe_2016_01_04

トマトケチャップ

500g 178円
完熟したトマトに「花見糖」などの調味料を加えてマイルドな味にしました。