食育サポーターのおすすめパルレシピ

2018年02月05日
蒸しずし
recipe_2018_02_01

材 料(4人分)

  • 米…1.5カップ
  • 五目ずしの素…1/2びん
  • れんこん…約50g
  • 錦糸卵…100g
  • 茹で海老(中)…8尾
  • かまぼこ…8切れ
  • 絹さや…8枚
  • うなぎ蒲焼(きざみでも可)…120g
  • すし酢…50cc

作 り 方

recipe_2018_02_02
  • 洗ってザルにあげておいた米を、すしめしの水加減で炊き、炊きあがったら五目ずしの素を混ぜ合わせる。
  • れんこんは皮をむき、薄く輪切りにして、2~3分ゆでてすし酢に漬けておく。
  • 絹さやは筋を取り、さっとゆでて冷水にとり、水気を切る。うなぎはひと口大に切る。
  • 深めの茶碗(あればふた付き)にをよそい、上に錦糸卵、切ったかまぼこ、海老、うなぎ、れんこんをのせ、ラップをして湯気のあがった蒸し器に入れ、中火で10分蒸す(電子レンジで代用可 600W 4分30秒)。
  • 蒸し上がったらラップをはずし、うなぎにたれをかけ、絹さやを飾ってふたをしてでき上がり。
食育サポーターアドバイスrecipe_2018_02_03

寒さの厳しい京都で、長年愛されてきた温かいお寿司です。ひな祭りにもおすすめです。
(食育サポーター 水谷 さとみさん)

2018年01月05日
小豆がゆと鶏ささみの和え物
recipe_2018_01_01

材 料(2人分)

  • 小豆がゆ
  • 米…0.5合
  • ゆで小豆(無糖)…大さじ4
  • 水…400〜500cc
  • 塩…ひとつまみ
  • 鶏ささみの和え物
  • 鶏ささみ…大きめ2本
  • 春菊…1/3束
  • ねりわさび…小さじ1/3
  • 白だし…大さじ1/2

作 り 方

recipe_2018_01_02
  • 小豆がゆ
  • 米は炊く30分前に洗って水につけておく。
  • 土鍋に水をきった米と分量の水を入れ、ふたをして強火にかける。吹いてきたらとろ火にして20分炊き、ゆで小豆を加えてさらに5分炊く。仕上げに塩で味を調える。
  • お好みで焼いたおもちをのせる。
  • 鶏ささみの和え物
  • ささみはゆでて食べやすい大きさに切る。
  • 春菊もゆでて水気を固く絞り2cmくらいに切る。
  • を白だしとねりわさびで和える。
食育サポーターアドバイスrecipe_2018_01_03

小豆がゆは小正月(1月15日)に健康を願って食べられます。無糖のゆで小豆で手早くできます。冷ご飯があれば、さっと水で洗って使えばさらに時短に。
(食育サポーター 岡崎 真紀子さん)

2017年10月06日
お魚バーグのあんかけ温野菜添え
recipe_2017_10_01

材 料(4人分)

  • 『とれとれあじたたき身』…300g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • A[パン粉…1/2カップ、卵…1個、塩…小さじ1/4、こしょう…少々、コンソメ…少々]
  • サラダ油…少量
  • 大根…150g
  • 付け合せ野菜(ブロッコリー、人参、さつまいも、ぶなしめじなど)…適量
  • あん[だし汁…2カップ、しょうゆ…小さじ1、みりん…小さじ1、塩…小さじ1と1/3、片栗粉…大さじ1と1/3、水…大さじ2と1/2]

作 り 方

recipe_2017_10_02
  • とれとれあじたたき身を解凍する。
  • 玉ねぎはみじん切りにし、ラップに包んで電子レンジで3分加熱した後さましておく。
  • ボウルにを入れとAを加えてよく練り混ぜ、4等分にし、小判型にまとめる。
  • フライパンにサラダ油を熱し、を並べて中火で焼き、焼き色がついたら裏返し、ふたをして弱火で3~4分焼く。
  • 付け合せの野菜は適当な大きさに切って下ゆでする。
  • 鍋にだし汁を温め、塩、しょうゆ、みりんで調味し、水溶き片栗粉を加えてあんをつくる。
  • 器にお魚バーグと野菜を盛りつけてあんをかけ、大根おろしを添える。
食育サポーターアドバイスrecipe_2017_10_03

お魚が苦手なお子さんにもハンバーグにして、野菜を添えれば栄養満点な一皿です。
(食育サポーター 高島 敦子さん)