食育サポーターのおすすめパルレシピ

2017年01月17日
鶏肉ときのこのリゾット

フライパンでも、ホットプレートでも簡単に作れます♪

  • 1・お米はといでザルにあげておきます。人参は茹でて1cm幅に切り、星型に切り抜いておきます。
  • 2・鶏肉は1口大に切り、たまねぎ、しめじは1cm角に切りそろえます。
  • 3・フライパンになたね油を入れ、たまねぎ、鶏肉を炒めます。みじん切りにしたにんにくを加え、米を加えて透き通るまで炒め、白ワインを加えて煮詰めます。
  • 4・中~弱火にして、熱湯で戻したブイヨンを2~3回にわけてよく混ぜます。
  • 5・米に9分通り火が通ったら大豆、しめじを加えて火を消して好みの固さになるまで蒸らします。
  • 6・塩、こしょうで味をととのえ、皿に盛り、中心に型抜きした人参を飾り、ドライパセリとパルメザンチーズをかけて完成です。

材 料(4人分)

  • 産直大豆…1袋
  • なたね油…大1
  • 人参…1/4個
  • 白ワイン…大2
  • しめじ…1パック
  • ブイヨンの素…1個
  • 鶏モモ肉…1/2枚
  • 熱湯…2カップ
  • たまねぎ…小1個
  • 塩…小1/2
  • にんにく…ひとかけら
  • こしょう、ドライパセリ、パルメザンチーズ…適宜
ワンポイント

最後に味をととのえるので、小さなお子様には途中でとりわけて柔らかく煮込むと離乳食にもなります。季節のお野菜を入れて楽しんでください♪

2016年11月02日
高野豆腐の肉詰め煮
recipe_2016_11_01

材 料(4人分)

  • 高野豆腐…4枚
  • 鶏ひき肉…150g
  • 人参…小1/2本
  • 干ししいたけ…2枚
  • 水…800cc
  • だしパック…2袋
  • 白だし…大さじ1
  • 塩…小さじ1
  • 砂糖…大さじ2
  • みりん…大さじ2
  • 水溶き片栗粉…小さじ2
  • 【鶏ひき肉の下味用】
  • 塩…小さじ1/2
  • 酒…小さじ1と1/2
  • 砂糖…小さじ1

作 り 方

recipe_2016_11_02
  • 高野豆腐はぬるま湯で、干ししいたけは水でもどしておく。
  • もどした高野豆腐の対角線上に包丁を入れ、半分の大きさの三角形に切る。切った高野豆腐の厚みの部分中央に深めに切り目を入れる。
  • もどした干ししいたけと人参をみじん切りにする。
  • 鶏ひき肉とを混ぜ合わせたところに下味用調味料を入れてさらに混ぜる。
  • 高野豆腐の切り込みを入れた部分にを詰め、詰めた切り口に水溶き片栗粉を塗る。
  • だしパックでだしを取る。
  • のだしに調味料を加え、を並べ入れて煮含める。
食育サポーターアドバイスrecipe_2016_11_03

ヘルシーな高野豆腐がボリュームのある立派な一品に。白だしを使うと上品な仕上がりになります。
(食育サポーター 鈴木 二三四さん)

おすすめの一品!recipe_2016_11_04

『産直たまご
 (白玉)』

10個(MS~LL)
261円(税込)
収穫後農薬不使用、非遺伝子組換えのとうもろこし中心の飼料で育った鶏の卵です

2016年09月01日
クランキーチキン
recipe_2016_09_01

材 料(4人分)

  • 産直鶏ムネのとりこ…1袋
  • 【衣用】じゃがいも…大1個
  • パン粉…大さじ5
  • 片栗粉…大さじ3
  • 塩こしょう…少々
  • 菜種油…適量

作 り 方

recipe_2016_09_02
  • 『産直鶏ムネのとりこ』を解凍しておく。
  • じゃがいもをできるだけ細かいみじん切りにして水にさらした後、水をきってキッチンペーパー等で水気をとる。
  • のじゃがいもとパン粉、片栗粉をよく混ぜ合わせて、軽く塩こしょうする。
  • 解凍した『産直鶏ムネのとりこ』にの衣を丁寧につけて170度の油でじっくり揚げる。
  • ※鶏ムネ肉を塩麹などで味を付けて使ってもOK。
食育サポーターアドバイスrecipe_2016_09_03

そのまま焼いてもおいしい『産直鶏のムネのとりこ』をアレンジしました。冷めてもかたくならないので行楽のお弁当にもピッタリです。
(食育サポーター 岡崎 真紀子)

おすすめの一品!recipe_2016_09_04

『だしパック』

8g×20 292円(税込)
さば節を中心に、かつお節、昆布、しいたけを粉末にして配合。手軽に本格的なだしがとれます。