食育サポーターのおすすめパルレシピ

2013年04月19日
ケークサレ

今流行の塩味のケーキです。塩味なので具材に野菜をいれても合います。

  • 1・ホットケーキミックスをボールに入れて、中央にくぼみを作る。
  • 2・ボールに卵を入れて、ときほぐす。
  • 3・2に油を少しずつ入れながら、泡だて器でよく混ぜる。
  • 4・3に牛乳を少しずつ入れながら、泡だて器でよく混ぜる。
  • 5・4に、塩・こしょうを加えて混ぜる。
  • 6・1のくぼみに、2~3回に分けて卵液を加え、まわりを崩すようにだまがなくなるまで混ぜる。
  • 7・6に、枝豆、ソーセージ、ズッキーニを入れ、ゴムベラでさっくり混ぜる。
  • 8・型に生地を流し込む。
  • 9・型を5cmくらいの高さから2~3回落とし、空気を抜く。
  • 10・180℃に温めておいたオーブンで30分焼く。
  • 11・焼きあがったら型からはずし、あら熱をとる。

材 料(4人分)

  • ホットケーキミックス…100g
  • 卵…1個
  • 菜種油…大さじ1
  • 牛乳…大さじ2
  • 塩…小さじ1/4
  • こしょう…少々
  • 枝豆…40g(さやからはずす)
  • ソーセージ…2本(1cmの輪切り)
  • ズッキーニ…1/4本(いちょう切り)
ワンポイント

野菜を入れることで、朝食などの主食にもなります。いろいろ試してみてください。 使われている菜種油は、パルシステムのPB商品。遺伝子組み換えでない菜種を使用して作られているので安全・安心です。

2011年03月30日
若葉もちとミルク甘酒しるこ
食育サポーターのおすすめパルレシピ

材 料(4人分)

  • 杵つきこがねもち(若菜もち用…4個 ミルク甘酒しるこ用…4 個)
  • 〈若菜もち〉
  • 旬の青菜の葉(小松菜・ほうれん草・かぶの葉など)…100g
  • もめん豆腐…1/3 丁
  • 水…400cc
  • コンソメ…1 個
  • 〈ミルク甘酒しるこ〉
  • かたねり甘酒…300~400g
  • 牛乳…400cc
  • ゆであずき…適量
  • しょうがの絞り汁…適量

作 り 方

食育サポーターアドバイス
  • もちは香ばしく焼く。
  • 〈若菜もち〉
  • 鍋に水・コンソメ・青菜(今回は小松菜)を入れてサッと煮たら、豆腐と一緒にミキサーにかける。(*ミキサーを使わないときは、茹でて細かくきざんだ青菜とつぶした豆腐をコンソメスープに入れる)
  • を温めておく。
  • お椀にもちを入れ、をそそぐ。
  • 〈ミルク甘酒しるこ〉
  • 甘酒を牛乳でのばして温め、しょうがの絞り汁を落とす。
  • お椀に1のもちを入れ、5をそそぎ、ゆであずきをのせる。
食育サポーターアドバイス食育サポーターアドバイス

私たちの祖先は、昔からおもちを“力”として、お産の力もち、1歳の一升もち(一生健やかにくらせるよう)、農作業の節目に、四季折々の行事に神様と共食し、喜びや願いを託してきました。若菜もちは軽食に、あま~いミルク甘酒しるこは心もからだもゆったりゆっくり温かくしてくれます。分量や組み合わせは目安なので、お好みにアレンジして楽しんでください。(食育サポーター 吉村美智)

おすすめの一品!おすすめの一品!

杵つきこがねもち(シングルパック)

1kg 880円
昔ながらの杵つき製法

2011年03月30日
超簡単!おはぎ
食育サポーターのおすすめパルレシピ

材 料(4人分)

  • もち米…2合
  • ゆで小豆…200g~250g
  • きな粉…適量
  • すりごま(黒)…適量
  • すりごま(白)…適量

作 り 方

食育サポーターアドバイス
  • 炊飯器に洗ったもち米を入れ、通常よりも少なめの水加減をしたところにゆで小豆を加えて、すぐ炊き始める。
  • 炊き上がったらよく混ぜてラップなどで俵型ににぎる。
  • をすりゴマ(黒・白)やきな粉をまぶす。
食育サポーターアドバイス食育サポーターアドバイス

もち米に小豆、香ばしいきな粉やごま。なぜかお彼岸のころに食べたくなる味ですね。おはぎと言えば、小豆を煮て…なんてちょっと構えてしまいますが、この作り方なら簡単です。甘さ控えめのレシピなので、お好みでゆであずきを増やしたり、お砂糖を加えたりしてください。はし休めに旬の菜の花のお浸しや浅漬けを添えると春の息吹を感じられます。(食育サポーター 須藤幸枝)

おすすめの一品!おすすめの一品!

産直小豆ゆであずき

180g×2 298円
豊かな風味・ほどよい甘さ